2017年2月3日金曜日

ハカランダ再び Part2

さっきの記事が長くなったので、ヤマハのハカランダについては分けて書くことにしました。

2016年、下倉アコースティックで販売したLL-86はLSも含めて5本でした。

そして今年に入り、すでに2本お買い上げいただいております。

もう本当に下倉カスタムとして注文するのに見合ったハカは無いんじゃないかと、前回ヤマハさんにお邪魔したときには思っておりました。

前回購入した材料で組んでいる個体はLJ-86になります。早ければ5月に入荷します。
L-Custom以来、材料を選定させていただいておりますが、今回はまたとんでもないのが現れました。







まずこんな感じ6本です。 ヤマハさんお抱えの大御所アーティストからの依頼に備えて隠し持っていたマスターグレードの最後の材料です。

表板には同じく厳選してきたジャーマンスプルースを使います。

LL-86のカスタムということで、次回(この6本から)販売価格が¥1,800,000税別になります。

インドローズ、ホンジュラスローズ、マダガスカルローズ、その他諸々、ローズウッドがワシントン条約で規制されることになったこともあり、販売価格が変わります。

材を選ばないでLL-86をイングルマンでオーダーされる場合は¥1,500,000税別です。






べつでこんなのも買いました。
こちらの5セットは来年以降に組み立てられる予定です。

どれも柾目に近い面白い木目ですが、選ぶのが大変です。

バックとサイド材を合せるのも大変ですが、虫食いや割れ、節や影、いいと思っても使えない材もあります。
最後の方のサップ(白太)の入ったやつはオシャレです。





3本分のLS-86材です。こちらも仕上がるまでかなりの時間がかかります。


一つ余談ですが、

インディアンローズのセンターにサップが入ったきれいな材を見つけました。
こちらは数か月後にLL-36areになります。
予約も受け付けますので、気になる方は、お問い合わせ下さい。

最後に、ご意見を聞かせていただきたいことがあります。




マダガスカルローズの面白いのがたくさんあります。
よし、じゃあ作ろうってことにはならないんですが、
LL-36でマダガスカルローズ単板
売価¥500,000くらい
LL-56でマダガスカル
売価¥750,000くらい
下倉カスタムで数本作りたいと思っています。交渉中です。
どちらがいいんでしょうね。
皆さんお店に来られた時にでも教えて下さい。


ハカランダ再び

おはようございます折元です。

暖かかったり寒かったり、今年も乾燥が激しいですが、みなさん体調管理と楽器の管理は気を付けてください。
先日、今年初の出張でヤイリギターとヤマハ浜松工場にお邪魔してきました。

連日問題になっているローズウッドのCITESの件で、関連する木材を採用した新たな特注品のお話をしてきました。

まずはヤイリギターさん。毎回お邪魔した際にはヤイリ社長とお昼をともにさせていただきますが
今回も行ってきました。
https://tabelog.com/gifu/A2102/A210203/21000838/


菜実樹さん。日本で一番おいしいお蕎麦屋さんだと思っています。

ヤイリギターさんに見学されたかた、お近くに行かれる際に一度味わってみてください。

絶品です。

お茶の水にあったら、毎日行っちゃいますね。



 お二人には、ハカランダで1本ずつ製作していただく事になりました。
恐らく2本ともシンプルなDreadnaught と OMです。

カスタムショップなので、金額は結構しますが、価値のあるものに仕上がると思います。

丹羽さんには、以前からOM45スタイルでハカランダを使った本気の1本をお願いしていますが、

ボディーまでは出来上がっていました。

一般的なローズが(ハカランダ以外)入手困難になるであろうということから、現在最も入手困難なハカランダでお三方には1本物をお願いしておこうということでした。


仕上げ部で発見した下倉カスタム。
DY-18ワイドネック、マホバインディング、ベアクロウシトカスプルース

完全カスタムです。鳴らしませんでしたが、想像以上の出来栄えでした。

近々入荷します。








以前にも2本だけ作ったことのあるYF-1000Custom
ハカランダ合板の2ピースバックにYW-1000と同じインレイワークを表面にちりばめたカスタムモデルです。
ワイドネック仕様なので、フィンガーピッキングに最適です。こちらも近々入荷します。


最後はRF-90Custom ヘリンボーントリム ベアクロウシトカ
スロテッドヘッド仕様です。クラシックギターみたいですが、もともとRF自体がクラシックギターを
モチーフにしているので、思い切って作っていただきました。
ヘッドストックがDitsonみたいです。

来週あたりにはwebshopとJ-guitarと楽天に掲載予定です。

ヤマハのハカランダはこの次のブログにて。








2017年1月18日水曜日

リチウムバッテリーって厄介!?

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

2017年も波乱の幕開け。株も為替も乱高下が続くのでしょうか。

円高になれば (ならなくても) 仕事柄海外出張が増えるでしょう。

最近は中国とヨーロッパ出張がメインとなっていますが、今年はアメリカ出張もありそうです。

毎年、ニューヨークに行くのですが、今年は本当に憂鬱です。

うわさによると入国審査の時にSNSアカウントの所有についての質問事項ができたとか、できない
とか。 

去年の中国出張の際ですが、実は向こうから帰ってくるときに、預け荷物にリチウムバッテリーを

同梱していたため、危うく没収されるところでした。スマホを充電する際に持ち歩ける便利Goods。

こんな感じの充電器です。滅茶苦茶便利なんです。

まじめに没収されるところでしたが、中国国内の知り合いの元へ着払いで送ってもらうことで、

難を逃れました。

同じくギターのチューニングに使う、クリップチューナー。これもリチウム電池が使われるので、

海外から輸入する際は、航空便では不可能であったりと、いろいろ制限があります。

燃えちゃったりして危険ですからね。どっかのスマホみたいに。


クリップチューナーの電池といえば、CR-2032というボタン電池ですが、割と何を使っても寿命が

早く、まとめ買いしているお客様も少なくありません。下倉楽器では1つ¥50税込で販売しているの

で、特別たくさん売れていますが、そんな電池代を節約できるすごいチューナーが発売になったの

ご存知でしょうか??

↓↓↓

http://www.shimokura-webshop.com/products/detail.php?product_id=71616&category_id=716

チューナーとしても抜群に使いやすいと思います。

2016年11月6日日曜日

ローズウッド

 楽器フェアがあったようですね。 どおりでお茶の水が閑散としているわけです。

本来ならば日曜日はめちゃ混みなんですが。

本日ヤイリギターのカスタムショップで1本ものを製作している、道前さんが来店されました。

楽器フェアのついでに顔を見せて頂いたようです。

彼は職人として楽器製作はもちろん、海外に材料の買い付けに行くこともある逸材です。

そんな彼から聞いた話ですが、今年からローズウッド全般がワシントン条約の第二項に入るそうで

ハカランダのような制限はないようですが、輸出入がかなり厳しく取り扱われることになりそうです。

ホンジュラスローズ、マダガスカル、インディアン、ボリビアンなどなど。

希少な資源なので、当然といえばそうなのですが、長い歴史のあるアコースティックギターを扱う

我々からすると打撃になりそうな話です。

道前さんの製作されるギターはどこをとってもすばらしく、材料の選定もヒ光るものが有りますが、

今後はより一層、木材にランク分けが出て、同じ種類の材でもグレードによって価格差が出るので

ないでしょうか。


折元

ヤイリギター 道前氏製作のカスタムショップはこちらから
→→→


2016年8月11日木曜日

K. Yairiのハミングバード

そもそもナイジェリアに負けたのが今回の日本の最大のミス。

とオリンピックで予選敗退が決定した日本代表について、ついつい愚痴ってしまう。

あんなにだらけた感じのチームに負けるとは。

攻めはいいのに、ディフェンスのミスが多い。

嗚呼。

ナイジェリアといえば、ギターに使うエボニーやサペリの産地ですね。

サペリを使った楽器は近年増え続けてます。

TaylorやMartin、国産だとヤイリギターが昔から使っています。

逆にエボニーは減る一方。

フィンガーボードやブリッヂに採用することの多いMartinには死活問題だといわれています。

逆にGibsonのフィンガーボードなどにはローズウッドの方が多く使われています。

ハミングバードなどもその例です。



無理やり話をつなげてきましたが、今回はヤイリギターのハミングバードのご紹介です。


本家のハミングバードは30万円以上する高額品です。

どこからどう見てもハミングバードです。

80年代にも一時ブームがあり、モーリスやその他の国産ブランドから発売されていましたが、

どれも究極に廉価した低価格モデルでした。

本器は、西安完了となったYW-500をローズからマホガニーに変更

フィンガーボードにスプリットインレイ

クルーソンスタイルの糸巻

635mmのショートスケール

と激しくルックスを意識した仕様となります。

サウンドは、マホガニーと短いスケール、いかり肩のスクエアショルダーボディーの

組み合わせなので、限りなく本家に近いものです。

販売価格もぐっとお安くなっています。

前回今年の初めに入荷したときは限定2本

2週間くらいで2本とも売れてしまいました。

今回の入荷は4本。

是非一度現物をお手に取ってみて下さい。

2016年7月28日木曜日

YAMAHA LL-86 & LS-86 & LJ-86 Custom

こんにちは折元です。
やっと関東地方は梅雨明け発表。季節に似合わぬ涼しげな日々が続きましたが、

野菜たちのためにも、太陽燦々を期待しましょう。

このところ、個人的に世界各地に出張続きで疲れておりましたが、一連の出張フィーバーも

ひと段落という事で、12月以来のヤマハ国内工場にお邪魔してまいりました。

私がヤマハさんの工場に用事があるとすれば、一つしか目的はありません。

LL用のハカランダの選定です。&ジャーマンスプルース

昔は、ぜーーーんぶ材料を見せてもらえたのですが、時間と手間を省くため最近は良質なBEST10

しか見せてもらえません。

もう、本当に残りわずかなんですね。

ヤマハのみなさん、口をそろえて仰ってますが、今後ハカランダは仕入れないそうです。


今年に入ってLL-86、LS-86、L-custom下倉オリジナルと、たて続けに販売してしまったので、

現在、試奏していただける86は3本のみです。

いつでも試せますので、悩んでおられる方、いつでもお問い合わせください。

LLとLSのページへ


そして、今回の材料がこちらです。







前回もありましたが、フレイム入りのバール材です。

ハカランダのなかでも人気が高いのは、柾目材と

このバール部位(根に近い部位)

ハワイアンコアのようなトラ杢です。

オレンジステーキ風に塗装予定です。

側材も見事なスパイダー。この手の材は設計責任者の

櫻井氏が隠し持っていた材ですが、これで最後の1枚。

今ならLSにも出来ますので、お問い合わせはお早目に







85%柾目の特徴あるハカランダです。

センターの入り組んだ木目が美しい。

こちらはLL-86予定です。




70年代から国産モデルに多い板目材
いかにもハカランダという見た目です。
こちらのモデルはLL-86予定です。
色合いによってですが、面白い木目の出方になると思います。



柾目の強烈ではなくても、サウンド面では最も

期待度の高い材です。

こちらはLS-86になる予定です。小さいので

非常に入り組んだ杢のハカランダです。

触った感触もかなり固めでした。

こちらLS-86になる予定です。




今回の目玉、サップの入った美しいハカランダ。

今後は無いと思いますが、かなり無理を言って

LJ-86にしていただきます。

プロ用以外ではハカランダのジャンボは作ったこともなく

今後も作らないそうです。よって、しばらくは世界に1本だけの

カスタムモデルになります。

このモデルが一番早くに仕上がる予定です。








ということで、今回のLカスタムは以上です。

数年後、同じよう作ることは出来ないと思いますが、今後もできる限りヤマハカスタムを

取り扱っていきたいと思います。

とにかくご興味のあるかた、一度下倉アコースティックで、ハカランダのヤマハを

さわってみてください。下取りもいたします。




2016年7月17日日曜日

KK 小池カスタム K. Yairi

折元です。 蒸し暑い日が続いております。

熊本では地震に続き、九州各地で天変地異的豪雨に見舞われ、多くの方が苦労をされています。

個人では寄付くらいしかできることがありませんが、引き続き力になれればと思います。

先日ニースで被害に遭われ、亡くなった方、そのご家族の方、心からお悔やみ申し上げます。

イギリスではEU脱退や各地テロの影響で、大手旅行会社が破たんしたとも聞きます。

世界はどっちに向かっているのでしょう。

話は変わって、当店には毎年10年近く、夏にブラジルから帰国されるお客様がおられます。

何十年も前に、ブラジルに移住した日本人、80歳を超えておられます。

終戦記念日に合せて帰国され、慰霊が終わるとブラジルに帰国される。

その間、日本滞在中に弾くためのクラシックギターを毎年お買い上げになられます。

ギターが手元にないと不安だそうです。 

パッと見、亀井静氏みたいですが、心温まるおじいさんです。

自分自身が80歳を超えて、ギターを弾いていられるか分かりませんが、うらやましいですね。

老齢といえば、ヤイリギターのマスタークラフトマン、まだまだ滅茶苦茶に元気ですが、70歳を超え

られたようです。 定年から10年以上が過ぎてもまだ作ってくれています。

そんな中、ヤイリギターから素敵なギターが届きます。

小池さんは通常、お客様(プロのミュージシャン含め)からの依頼で楽器を製作します。

が、今回入荷する楽器は小池さん自らの趣向と意思によって製作された1本です。

電話で話した感じですと、自信作のようです。

画像上こだわりが随所に込められたギターと見受けますが、早くこの手に取ってみたいものです。

数年前までコンターの依頼をしてもうやむやにされていましたが、最近はやってくれるようです。


サイドバックはシャム柿!ハカランダくらいエキゾチックな木目です。


お問い合わせはお電話かEmailで
TEL03-3293-7771